無料で使える求人情報サイト|クリック一つで転職の足がかり

 

給与形態による違い

タクシー会社の給与体系は固定制から歩合制まで様々

タクシー会社に就職してタクシードライバーになったら収入は良いのだろうか、車を運転するのが好きな人ならば職業として選択肢に入る業務ですが、生活をしていく上で安定して稼げるのかが気になるところです。 全国には一万五千以上のタクシー会社が存在しており、給与体系や業務体系も様々です。一番多い給与体系は固定給、これに乗車の売上手当が加算されて給与として支給されるのですが、タクシー会社の固定給は総じて低く、固定給だけでは生活は厳しいと言えます。ですのでいかにお客さんをつかまえて乗車率を上げていくかが運転手さんの業務活動の力量が鍵となる訳です。 シビアなところだと歩合制となり完全にドライバーの能力の差によって収入が変わってきます。歩合制と言っても労働基準法ではまったく固定給がないのは認められていないので固定給は存在しますが、到底生活出来るレベルではありません。

お客さんをいかに獲得するかが鍵、ドライバーの苦労と努力

バブルの頃ならタクシーで街を流していたらすぐにお客さんを見つけることは可能でしたが、不況が長引いていることもありタクシーの利用者は年々減少の一途を辿るばかり、しかし何の努力なくして生活は出来ません。 タクシー会社で勤めている方で年収1000万円を稼ぐ方も結構います。タクシードライバーで1000万円とは正直凄い稼いでいると思いますが、実際に稼いでいるドライバーの方いわく決して難しいことではないそうです。 タクシー利用者の多い時間帯は電車やバスの運行時間が終了する深夜帯、ここでオフィス街を流せば結構拾えるようです。そんな事しなくても駅前のタクシー乗り場で待機すればいいのではと思われるかも知れませんが、駅付近だと近距離が殆どとなり遠距離客の見込みは殆どありません。いかに長距離の客を効率良く乗車させるか、業務に携わる上で重要な点だと言えるのです。 時間帯によっても行動範囲を変えたりと乗車率の高いドライバースキルは相当な知識もあり、これも日頃の研究と経験がモノを言っていると言えます。どの世界も甘くはありませんが、タクシー会社も各人の能力によって収入に差がでるのが現実なのです。